白ロムとSIMフリースマホの違いとは?

この記事を読んで、「白ロム」と「SIMフリー」の違いをしっかりと把握し、自分に合った格安スマホを選ぶ手助けになれれば幸いです

白ロムとSIMフリーについて解説する前に、まずは「SIMロック」について説明します。

SIMロックとは?

大手携帯キャリアのドコモ・au・ソフトバンクでは、自社のSIMカードしか認識しないように、携帯電話端末にロックをかけて販売しています。

SIMカードには、電話番号などの情報が登録されていて、このカードがないと通信ができません。つまり、購入した端末は、購入したキャリアでしか利用できなくなります。これをSIMロックと呼んでいます。

この手法は、携帯電話を大規模な通信設備を持つキャリアが一括して売ることで、速く全国に普及されるために取られました。しかし、現在は利用者の囲い込みが起こり、料金面などで問題が発生しています。

白ロムとは?

白ロムとは電話番号が登録されていない状態の携帯電話のことです。大手携帯キャリアで購入してから、機種変更や乗り換えをし、SIMカードが抜かれて今は利用されていない端末です。

いわゆるキャリアの「中古品」の携帯電話をさします。

主にAmazonやYahooオークションで購入します。ただ「中古品」といっても販売されているスマホの大半は1回も利用されていない「新古品」です。

ここで少し余談ですが、なぜ新古品が多いのでしょうか。

答えは、少し前にキャリアが積極的に行っていた、他社から乗り換えをすると多額のキャッシュバックを受け取れるキャンペーンにあります。良い条件を見つけて乗り換えをして、端末を売るという人達が少なからずいました。

そのキャッシュバックが、長期利用者の利便性を損ねると国が問題視したことで、キャリアに対して規制緩和が行われ、格安SIMという選択肢ができた背景があります。

格安SIMで白ロムを利用するには

キャリアのスマホにはSIMロックが掛かっているので、格安SIMでは利用できないとお思いの方がいるかもしれませんが、全く問題になりません。

実のところ、格安SIMは、擬似キャリアのようなものでドコモとauの通信網を借りて運営されています。なので、ドコモとauの白ロムは問題なく利用できます。

白ロムを利用する際のメリットは、キャリアの携帯電話は端末にSIMロックがかかっているので値段が安く取引されていることが挙げられます。また、種類が多く、高スペック機が低価格で買うことができます。iPhoneを格安SIMで利用したい場合などは、特におすすめです。

SIMフリーとは?

「SIMフリー」端末とは、SIMロックがかかっていない携帯電話のことです。

もともと世界中で売ることを考えられたモデルなので安くても高スペックなコストパフォーマンスが高い機種が多いのが特徴です。

Amazonや格安SIMを販売しているMVNOで購入することができます。

SIMフリーのメリットとしては、新品で購入できること。元々の値段が3万円前後と安いこと。

海外で現地のSIMカード利用してスマホを使えることが挙げられます。

まとめ

「白ロム」は、SIMロックが掛かったキャリアの中古品の携帯電話。

「SIMフリー」は、SIMロックが掛かっていない携帯電話。

内容が役に立てばシェアしてくれると嬉しいです。

やさしい格安スマホとSIMの最新情報を更新しています。