UQ mobileでiPhoneを使うための7つのポイント


みなさんは、au系MVNOのUQ mobileでもiPhoneを利用できることを知っていますか?

UQ mobileを使うことでiPhoneを月額1680円からお得に運用できます。

ただし、実際に使う場合は注意しなければならないことが少しだけあります。

そこでこのページでは、利用可能な機種・iOSのver、APNの設定など導入前から導入後に渡って7つのポイントで紹介しています。

これからUQ mobileでiPhoneを利用しようと検討している人は、是非参考にしてください。

UQ mobileについてあまり知らない人は、料金とプラン、メリットとデメリットについてまとめた「UQ mobileのプランと詳細」もぜひ一読してみてください。

1.導入前の3つのポイント

全てのiPhoneが利用できれば便利ですが、そういう訳ではありません。

ただしauからドコモの乗り換えのように、それまで使っていたauの全ての機種が使えない訳ではなく、いくつかの条件と制限があります。

利用できるかどうかの前提となるので、しっかりと把握しておきましょう。

1-1.対応機種はiPhone5~、iOSのバージョンにも制限あり

利用可能な機種は、「auで購入した端末」と「SIMフリーの端末」のみになります。

ドコモとソフトバンクの端末は、電波の周波数帯が違うので、たとえSIMロックを解除したとしてもUQ mobileでは利用できません。反対にauの端末は、SIMロックを解除したとしてもUQmobileとmineo以外のドコモ系MVNOでは利用できません。

また、auで購入した端末とSIMフリーの端末の中でも、さらに利用できる機種とiOSのバージョンに制限があります。

それぞれ以下の通りです。

【対応機種】

  • iPhone5/5c/5s/6/6plus/6s/6splus~

【対応バージョン】

  • iOS8(iOS7も可):5/5c/5s/6/6plus
  • iOS9のみ:6s/6splus以降

UQ mobileでiPhoneを利用しようと考えている人は、確実に対応機種とiOSのバージョンを確認してください。なおiOSのバージョンの確認は「設定」→「一般」→「情報」から行えます。(例:8.1.1=iOS8)

なおSIMフリー端末のiPhoneについても、au系MVNOでは、総じて安定しないので、安定しているドコモ系MVNOでの利用がおすすめです。

1-2.auのVoLTE端末(iPhone6s~)はSIMロック解除必須

高品質な音声通話を行えるVoLTE端末ですが、auで購入した端末は、SIMロックの解除手続きを行わないとUQ mobileでは通信が行えません。

iPhone6S以降の機種は、VoLTE対応端末なのでauでSIMロックの解除を行う必要性があります。

SIMロック解除の条件は、auでの購入から180日以上が経過していることで、手続きは、auの公式サイトかauショップで行うことができます。

SIMロックの解除は、忘れてしまいがちですが必ず行いましょう。

1-3.テザリングは使えない

スマホを無線LANのように使えるテザリング機能の利用はできません。

どうしてもiPhoneでテザリングを使いたい場合は、お持ちの機種を売却してSIMフリーかドコモのiPhoneを購入しドコモ系MVNOで使うことになってしまいます。

また、SMSについても機種とiOSのバージョンのよっては使えない可能性があります。

なので、外でパソコンやタブレットを使うためにテザリングが必須な人は乗り換えをやめておいた方が無難です。

2.購入時の2つのポイント

自分の持っている機種が、利用可能だと分かったところで、格安SIMの購入を行いましょう。

申し込みは、公式サイトで行うことができます。申し込み自体は、10分ぐらいで非常に簡単に行なえますが、2つほど注意点があるので紹介します。

2-1.SIMサイズはnanoSIM

PublicDomainPictures / Pixabay

スマホで通信をするために必要なSIMカードは3種類あります。

SIMカードを購入する際には、カードサイズの選択が必須で、UQ mobileでは「microSIM」「nanoSIM」を提供しています。

iPhone5以降の機種は、nanoSIMに対応しているので間違えないように選びましょう。

2-2.VoLTE対応機種はマルチSIM

SIMカードは、サイズの選択に加えて、「SIMカード(LTE用)」と「マルチSIM(VoLTEプラン用)」の2種類があります。

iPhone6S以降のVoLTE対応端末は、「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択してください。

もし間違えて購入した場合は、3000円の再発行手数料と回線切替手続きが必要になります。非常に面倒くさいことになるので購入の際には、注意して下さい。

3.導入後の2つのポイント

格安SIMの購入ができたなら、さっそく使い始めたいところですが、その前に簡単な設定があります。

3-1.APN設定

SIMカードが届いてから、iPhoneの使用を開始するにはAPNの設定をしなければいけません。

APN設定は、プロファイルと呼ばれるネットワーク環境設定のファイルをインストールすることで簡単に設定ができます。

  • Step1.Wi-Fiに接続する

まず最初にiPhoneをWi-Fiに接続しましょう。

プロファイルの設定は、Wi-Fi環境下でないと行えません。Wi-Fiがない場合は、すぐに終わるので町中の無料Wi-Fiを活用して下さい。

  • Step2.プロファイルのインストール

Safariを開いて、以下のプロファイルをインストールします。それぞれ、iOSのバージョンよって違うので注意して下さい。

「インストール」→「パスワードの入力」→「完了」でインストールが完了します。これで、iPhoneでLTE通信ができるようになります。

3-2.iOSを不用意にアップデートしない

UQ mobileでiPhoneを使う時にもっとも注意すべきことは、iOSのバージョンを不用意にアップデートしないことです。

実際にiOS8からiOS9に不用意にアップデートを行って使えなくなったという人が、twitterなど口コミを見る限りでは多くいます。今後もヴァージョンアップで使えなくなることは、充分な可能性が考えられます。

公式サイトなどで、次のiOSでも確実に利用できるといった情報を得てからアップデートを行いましょう。

まとめ

UQ mobileでも全く問題なくiPhoneの使用はできます。ただし、使える機種に種類があり、少しだけですが設定も必要であることを知っておく必要があります。

今回の記事で紹介した7つのポイントを抑えておけば、誰でも簡単に導入を行えるのでauのiPhoneを持っている人は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

UQ mobileに乗り換えることで、とってもお得にiPhonを利用することができます。

UQ mobileについてもっと知りたい人は「UQ mobileのプランと詳細」でメリットとデメリット、プランの選び方をまとめているのでぜひ一読してみてください。

内容が役に立てばシェアしてくれると嬉しいです。

やさしい格安スマホとSIMの最新情報を更新しています。