ソフトバンクのiPhoneを格安SIMで使う4つの方法

iphone-softbank

ソフトバンクのiPhoneは、そのままでは格安SIMで使えません。

だからといって諦めるのは早いです。

なぜなら、これから紹介するいくつかの方法を利用することで、ソフトバンクのiPhoneでも格安SIMでの運用が可能になるからです。

1.ソフトバンクのiPhoneが格安SIMで使えない訳

ソフトバンクのiPhoneは、基本的には格安SIMでは使えません。

なぜなら、ソフトバンクのiPhoneにはSIMロックがかかっているからです。

SIMロックとは

ある特定のSIMカードしか認識しないように、携帯電話端末にロックをかけること。SIMカードには、電話番号などの情報が登録されている。また、SIMカードを認識しないと通信ができない。日本では大手携帯キャリアが、自社で販売する携帯電話に利用している。

ソフトバンクのiPhoneは、SIMロックがかかっていることで、ソフトバンクの回線しか認識しないようになっています。ソフトバンク以外の回線では、電話やインターネットが使えなくなっています。

1-1.ドコモとauのiPhoneは格安SIMでも使える

ただし、ドコモとauのiPhoneは、SIMロックがかかっていても格安SIMで使うことができます。

なぜなら、格安SIMはドコモかauの回線を借りて運用されているからです。格安SIMを使っていても、実際にはドコモかauでiPhone使っているのと同じ状態なので、ドコモとauのiPhoneでは、SIMカードを差し替えるだけで簡単に利用できるようになります。

対して、ソフトバンクのiPhoneでは、ソフトバンクの回線で運用している格安SIMがないので普通にSIMカードを差し替えるだけでは利用ができないのです。

2.ソフトバンクのiPhoneを格安SIMで使うには

ではいよいよ、ソフトバンクのiPhoneを格安SIMで利用する方法について紹介します。

具体的には、以下の4つの方法です。

  • SIMロックの解除
  • SIM下駄の利用
  • ファクトリーアンロックの利用
  • iPhone+ルーター+ガラケーの3台持ち

それぞれの方法で、利用可能の有無と注意点があるので詳しく紹介したいと思います。

2-1.SIMロックの解除(iPhone6s以降の機種)

2016年4月以降、ソフトバンクのiPhoneのSIMロック解除が可能になります。

SIMロックの解除は、ソフトバンクが無料で行ってくれます。また、他の方法に比べて1番確実で簡単な方法になります。

ただし、以下の条件があります。

  • iPhone6sとiPhone6s Plus以降の機種
  • ソフトバンクでiPhoneを購入して181日目(6ヶ月)以降であること

また、注意点がひとつあります。

ソフトバンクのiPhoneは、SIMロックを解除しても周波数帯の都合上、ドコモ系の格安SIM(UQmobile以外)でしか利用できません。(参考:ドコモの周波数帯(バンド)について)SIMロック解除を利用してiPhoneを使う際には、充分注意しましょう。

2-1-1.SIMロック解除の方法

実際にSIMロック解除を行う方法を簡単に説明します。

ショップとインターネットで行うことができますが、ショップだと3千円の手数料がかかるので、ここでは無料で簡単なインターネットでの手続きについて説明します。

①格安SIMを準備する

ソフトバンクでのSIMロックの解除では、先に利用する格安SIMが必要になります。さっそく準備しましょう。格安SIMの選び方は「3つのポイントを抑えよう!格安SIMのおすすめな選び方」を参考にしてください。契約する際にカードサイズの選択があります。iPhoneのカードサイズはnanoSIMです。ドコモ系の格安SIMでは、DMMmobileがおすすめです。

②SIMロック解除キーの入手

MySoftbankにログインして、SIMロック解除キーを入手しましょう。

Mysoftbankへのログインする

③SIMロックを解除する

いよいよSIMロックを解除します。まずは、新しく入手した格安SIMをiPhoneにさします。iPhoneのSIMスロットは、右側面にあります。付属品のピンかクリップなどで開けましょう。(参考:Apple公式:iPhone または iPad の SIM カードを取り出す/移し替える

差し替えて電源を入れ、しばらくすると、SIMロック解除キー入力画面が表示されます。入力すると格安SIMでiPhoneが利用できるようになります。

その後、ソフトバンクを解約しましょう。ソフトバンクからの電話番号移管や解約方法は「ソフトバンクからのmnp(乗り換え)方法」を参考にしてください

(参考:ソフトバンク公式:ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除

2-2.ファクトリーアンロックの利用

ファクトリーアンロックを利用するとiPhone6S以前の機種でもSIMフリー化が可能です。Appleのサーバーに登録された情報を書き換えて、SIMフリー化を行うようですが、なんでそんなことができるのかはよく分かりません。ファクトリーアンロックを頼むサイトとしては、小龍茶館が有名です。

値段は2016年の2月現在で以下の通りです。

  • iPhone 6s/6s Plus:29,800円
  • iPhone 6/6 Plus:28,800円
  • iPhone 5s/5c:24,800円
  • iPhone 5:22,800円
  • iPhone 4s/4:19,800円

値段も結構しますし、なにが起こっても自己責任になるので正直おすすめできませんが、一応紹介しておきます。

2-3.SIM下駄の使用

SIM下駄を使用することで、ソフトバンクのiPhoneでも格安SIMでの利用が可能です。SIM下駄は、端末のSIMフリー化を行うわけではなく、ドコモの電波をソフトバンクの電波と誤認させる機能があります。1000円ほどで入手が可能です。

ただし、大きな注意点があります。

  • まず第一に動作が不安定
  • 認証に失敗した場合はドコモの端末が必要。

なので、SIM下駄の利用も正直おすすめはできません。

手元に、ドコモの携帯端末があって、使わないiPhoneがある場合のみ試してみてはいかがでしょうか。

2-4.iPhone+ルーター+ガラケーの3台持ち

確実にソフトバンクのiPhoneを利用する方法が、iPhone+ルーター+ガラケーの3台持ちです。運用方法としては、

かけ放題のガラケー(月額2200円)+データ専用のルーター(月額900円程度/3GB)+iPhone

の3台持ちになります。電話はガラケーで行い、iPhoneの通信を格安SIMで運用するルーターから行うことになります。

料金としては、月々の運用費3100円程度とガラケーとルーターの購入費用が必要になります。

ガラケーの運用方法や契約方法は「格安スマホとガラケーの2台持ち」を参考にしてください。ルーターは「AtermMR04LN」がおすすめです。

3台持ちを使う場合は、やはり持ち運び台数の多さがネックです。充分に考えてから運用するようにしましょう。

3.まとめ

今回はソフトバンクiPhoneを格安SIMで使う4つの方法を紹介しました。

iPhone6S以降の機種の場合は、素直に半年間待って、ソフトバンクにSIMロックの解除を行ってもらうのがおすすめです。

iPhone3~6は、確実に利用するために、ルーター+ガラケーの3台持ちがおすすめです。

失敗してもいいという方のみ、ファクトリーアンロックかSIM下駄の利用を検討してみてください。

失敗したくなくて、3台持ちが嫌な方は手持ちのiPhoneを売って、SIMフリーか白ロムのiPhoneを買う購入資金にするといいでしょう。

内容が役に立てばシェアしてくれると嬉しいです。

やさしい格安スマホとSIMの最新情報を更新しています。