格安SIMでテザリングを使うために知っておきたいこと

テザリング

仕事やプライベートにおいて、外出先でタブレットやノートパソコンを使いたい場合は多いです。そんな時に、役立つのがスマホのテザリング機能です。格安SIMでのテザリングがよく分からないから、乗り換えることを悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこでこのページでは、格安SIMでテザリングを利用したい全ての人が、知っておくべきことを全て解説します。

具体的には以下の4つです。

  • テザリングとは
  • テザリングの3つの種類
  • 格安SIMでのテザリング
  • テザリングが格安SIMで利用できる機種とできない機種

これらを知っておくと、格安SIMを導入してからテザリングについて、あれこれと悩む必要はなくなります。そのためにも、まずは、テザリングについてしっかりと知りましょう。

1.テザリングとは

テザリングは、スマホを中継機器としてパソコンやタブレットをインターネットに接続する機能です。

通信の中継機器として利用するので、スマホを無線LANのように使えます。

データ通信が発生するので、パケット(データ利用量)を消費します。パソコンを利用する場合は、消費パケットが多くなりがちなので注意が必要です。

1-1.テザリングの3つの種類

テザリングは、Wi-Fiテザリング・Bluetoothテザリング・USBテザリングの3種類があります。

どの種類のテザリングを使っても中継器として使える機能は一緒ですが、それぞれ通信方法が違うので利用方法が変わってきます。

1-1-1.Wi-Fiテザリング

Wi-Fiテザリングは、Wi-Fiを利用した無線通信のテザリングです。もっとも一般的な方法で、テザリング機能があるどの機種でも利用ができます。

スマホの設定画面でアクセスポイント名とパスワード登録して、機能をオンにすると、パソコンやタブレットにアクセスポイント名が表示され、通信が受信できるようになります。

なおスマホ側はLTE・3G通信の受信になるので、スマホでWiFiを受けながら、パソコンやタブレットをテザリングするといった中継機能は利用できません。必ずパケットを消費することになります。

1-1-2.Bluetoothテザリング

Bluetoothテザリングは、Bluetoothを利用した無線通信のテザリングです。

スマホとパソコンのお互いをBluetooth接続を認証させることで利用ができるようになります。

基本的にはWi-Fiテザリングと一緒ですが、違う点が有ります

それは、Wi-Fi通信をスマホで受けながら、テザリングを行える点です。これにより、スマホでマクドナルドやスターバックスなどのWi-Fiスポットと通信しながら、パソコンやタブレットを使えるようになります。パケットを消費しないので、ガンガン利用できます。

そもそも、Wi-Fiスポットを使えるんだったらスマホを中継器で使わずに、パソコンで直接受信すればいいのではと考える方もいるかもしれません。

しかし、実際には無料のWi-Fiスポットは少ないです。なので上記の方法は、Wi-Fiスポットサービスを無料で使える格安SIMを契約することが条件になります。現在は、OCN モバイル ONE、BIGLOBE、Nifmoの3社でWi-Fiスポットが利用できるので検討してみてください。

OCN モバイル ONE 「Secured Wi-Fiサービス」
BIGLOBE 「BBモバイルポイント」、「Secured Wi-Fi」、「Do Spot」
Nifmo  「BBモバイルポイント」

1-1-3.USBテザリング

USBテザリングは、スマホとパソコンをUSBケーブルで接続して行います。

お互いをUSBで接続して、設定画面のUSBテザリングにチェックをいれるだけなので、簡単に使えます。

また、テザリングは、大変多くの電池消費しますが、充電しながらできるのでバッテリーの心配をしなくてもいいことは大きなメリットです。

2.格安SIMでのテザリング

格安SIMでは、全てでテザリングが無料で利用できます。

キャリアのau・ソフトバンクでは月額の利用料金がとられます。そもそもテザリングで使うデータ量も内訳に含まれているので、auとソフトバンクがテザリングの利用を制限して別料金をかけていることには、ちょっと如何せんとしがたいところがあります。

格安SIMで、テザリングを利用する際には、ひとつ注意点があります

それは、テザリングができる機種とできない機種があることです。

2-1.テザリングができる機種

格安SIMで、テザリングが利用できる場合は、次の3種類があります。

  • SIMフリーの機種
  • auのAndroidスマホでau系MVNO(mineoとUQmobile)を利用する場合
  • ドコモのiPhoneでドコモ系MVNO(UQmobile以外)を利用する場合

上記の3種類の場合だとキャリアと同じようにテザリングが利用できます。格安SIMとスマホをセット購入した場合も、SIMフリーの機種なので利用できます。

2-2.テザリングができない機種

格安SIMで、テザリングが利用できない場合は、次の場合があります。

  • ドコモのAndroidスマホ
  • auのiPhone

上記の2種類ではテザリングが利用できません。

どうしても使いたい場合は、新しい機種の購入が必要になります。

なお、ドコモのAndroidスマホは、裏技的な方法を使えばテザリングが利用できるようになるかもしれません。参考までにリンクを載せますが、利用は自己責任でお願いします。

(外部サイト:XperiaにおけるAndroidアプリ考察|【MVNO】非rootなドコモ端末をMVNO SIMでテザリングを可能にする方法(中級者向け))

4.まとめ

格安SIMでは、テザリングがオプション費用もなく無料で利用できます。ただし機種によっては、利用できないこともあるので注意が必要です。

折角、格安SIMに乗り換えたのに肝心のテザリングができないという事態は避けたいところです。

内容が役に立てばシェアしてくれると嬉しいです。

やさしい格安スマホとSIMの最新情報を更新しています。