Bluetoothテザリングの設定方法と使い方

テザリング機能を使えば、スマホをネットワーク接続の中継機として利用することができます。

Bluetoothテザリングは、3種類のテザリングの中でも無線で使えてかつスマホ本体のバッテリー消費量が少ないという特徴があります。

Wi-Fiテザリングだとバッテリー消費が非常に多いので、利用するためには毎回パソコンとスマホを設定をする必要がありますが、Bluetoothテザリングだとずっとつけっぱなしにしておくような使い方ができます。

その場合だと親機(スマホ)の設定は初期設定だけで、利用する際には子機(パソコンやタブレット)の設定を行うだけになり大変便利です。

今回はそんな、Bluetoothテザリングの設定方法と便利な使い方について紹介します。

便利なテザリングについてもっと詳しく知りたい人は「3種類のテザリングを使い分けよう」もぜひ参考にして下さい。MVNOでのテザリングの注意事項とともにまとめています。

1.Bluetoothテザリングの設定方法

Bluetoothテザリングを利用するためには、次の3つの手順が必要になります。

  • ペアリング設定
  • スマホのテザリング機能を有効にする
  • パソコンでのネットワーク認証

ペアリング設定とは、Bluetoothテザリングを使用するためにあらかじめ親機と子機の認証を行っておくことです。この設定のおかげで通信を割り込みされることがないので安心してテザリングを行うことができます。

1-1.準備するもの

用意するものは、以下の2つです。

  • Bluetoothテザリング対応のスマートフォン
  • Bluetoothテザリング対応のパソコンとタブレット

それぞれスマホが無線LAN代わりの親機になり、パソコンが子機になります。最近発売されたスマホとパソコンはほとんどがBluetoothテザリング対応の機種になりますが、もし対応していない場合はWi-Fiテザリングを試してみましょう。

1-2.ペアリングの設定

スマホとパソコンを相互に認証させるペアリングの設定を行います。

AndroidとiOS(iPhone)で少しずつ違うのでそれぞれ解説します。

1-2-1.スマホの準備

まず最初に、スマホの準備を行います。

これを行うことによってパソコンやタブレットが親機となるスマホを見つけられる状態になります。

Androidの場合

Andoroid端末は機種によって、画面に表示される設定の位置が違いますが、メインとなる詳細の設定画面は一緒です。なお今回はZenfone5を利用して設定を行っています。

bt-001

「設定」画面で、無線とネットワークの「Bluetooth」を選択する。

bt-002

Bluetooth機能をオンにして、電話アイコンで表示されているデバイス名のアイコンをタッチします。

下に表示されている時間が、Andoroidのペアリングを行うために、他の機種が認識可能な時間です。

iOS(iPhone)の場合

ホーム画面の「設定」にアクセス→「モバイルデータ通信」→「インターネット共有」→インターネット共有の項目を「オン」→「Wi-FiとBluetoothをオンにする」でiOS側の設定は完了です。

1-2-2.パソコン・タブレットの準備

今回はWindows8.1で設定を行います。

新しいWindowsのOSのバージョンでも設定方法はほとんど一緒です。

Macの場合は、メニューバーにあるBluetoothのアイコンから同様に設定を行えるのでお試しください。

なおスマホ同士やタブレットとBluetoothテザリングを行う場合は、子機となる機種でも「1-2-1.スマホの準備」の設定を行ってください。

bt-004

デスクトップ右側一番下のメニューから▲アイコンを選択し、「Bluetoothデバイス」のアイコンが表示されたら右クリックします。「Bluetoothデバイスの追加(A)」でペアリングの設定画面に移ります。

なお、Bluetoothアイコンが表示されていない場合は、「カスタマイズ…」からbluetoothアイコンを表示する設定を行ってください。設定を行わなくても大丈夫ですが、今後テザリングを利用する際にアイコンがあったほうが便利になります。

windows bluetoothペアリング設定画面

「Bluetoothデバイスの管理」が表示されたら、ペアリングの設定を行っていきます。

まず最初に、Bluetooth機能をオンにします。これで、他に利用できるBluetooth端末を検出します。先ほど設定した親機となるスマホが表示されれば、「ペアリング」をクリックしましょう。Androidの場合は表示時間が2分間なので表示されていなければ再度電話アイコンをクリックして表示させてください。

ペアリング認証画面

親機のスマホと子機の端末にペア設定用の番号がでてきますので、どちらも認証しましょう。以上でペアリングの設定は完了です。

1-3.利用前の設定

ペアリングの設定は終わりましたが、Bluetoothテザリングを利用する前には、親機となるスマホと子機のパソコンで設定をしなければいけません。

1-3-1.スマホのテザリング機能を有効にする

Bluetoothテザリングは、付けっぱなしでもほとんどバッテリーを消費しないので、頻繁に使う場合は、毎回機能を切らないでそのままにしておく方法がおすすめです。なお、Androidの場合、再起動するともう一度以下の設定が必要になります。

Androidの設定

Android ネットワーク

「設定」から、(「その他」)→「無線とネットワーク」の画面を開きます。

次に「テザリング」をタップします。

Android Bluetoothテザリングタッチ

テザリングの設定が表示されたら「Bluetoothテザリング」にチェックを入れます。

以上でスマホ側の設定は完了です。

iOS(iPhone)の設定

iOS(iPhone)の場合は、ペアリング設定を行う際にテザリング機能が有効になっているのでテザリング機能の有効化は、必要ありません。

Bluetoothとインターネット共有をオフにした場合のみ、再度設定が必要になります。その場合の設定方法は、ペアリングの設定時と同じですが、すでに端末同士が認証されているので、「インターネット共有をオン」にするだけで利用できます。

1-3-2.パソコンでのネットワーク認証

Bluetoothテザリングを行う場合には、パソコン側で認証を行う必要があります。

スマホのテザリング機能を常に有効にしておけば、普段の利用時にはパソコン側の設定だけで利用できます。

Windowsの設定

bt-004

再び、Bluetoothデバイスのアイコンを右クリックして、「Bluetoothデバイスの表示」を選択します。

アクセスポイント

画面が開いたら、デバイスの欄に先ほどペアリングしたスマホが表示されるので、右クリックします。

「接続方法(C)」→「アクセスポイント(A)」でネットワーク認証を行えます。

以上でBluetoothテザリングの設定は完了です。

2.Bluetoothテザリングを利用しよう

後は、Bluetoothテザリングを利用するだけです。

ただし通信速度は遅いので、Wi-FiテザリングとBluetoothテザリングを使い分けた利用方法が必要になります。

内容が役に立てばシェアしてくれると嬉しいです。

やさしい格安スマホとSIMの最新情報を更新しています。