楽天モバイルでテザリング!4つのポイントを知ろう

楽天モバイルの格安SIMを使いたいけれど、テザリングはできるのか気になってしょうがない人はいませんか?

安心してください。楽天モバイルでもキャリアと同じようにテザリングが行えます。

ただし機種に条件があり、プランの選択と利用中に注意しなければいけないことがあります。

そこでこの記事では、

  • テザリングとは
  • 楽天モバイルでのテザリング
  • テザリングが利用できる機種
  • プラン選びとテザリング時の注意事項

の4つのポイントに絞って楽天モバイルでのテザリングについて解説します。この記事を読んであなたのスマホに対する悩みが減れば幸いです。

1.テザリングとは

まず最初に、テザリングについて簡単に説明しておきます。

テザリングとは、スマートフォンを無線LANのような中継器とすることで、パソコンやタブレットをWi-Fi環境のない屋外でも利用できるようにする機能です。大変便利なので仕事で外に出るときや長期間の旅行などで大変役に立ちます。

ただし、利用には注意する点もあります。まず第一に、テザリングでの通信はスマホのデータ通信量を消費することです。次に、スマホで電波の送受信を同時に行うので、バッテリーの消費が激しいことです。

以上の2点に気をつけながら利用する必要があります。

1-1.テザリングは3種類ある

テザリングというと、一般的にはWi-Fiを使った方法を思い浮かべる人が多いと思いますが、実は他にも2種類の方法があります。

Bluetooth機能を利用した方法と有線のUSBケーブルを利用した方法です。それぞれ特徴があるのでまとめてみました。

テザリング名通信速度設定の
簡単さ
対応機種電池消費
Wi-Fiテザリング○(無線)
Bluetoothテザリング△(無線)
USBテザリング◎(有線)◎(充電)

Wi-Fiテザリングと比べると、双方とも対応機種の少なさがデメリットです。なぜなら、Bluetoothは使える端末が少ないですし、USBテザリングは、基本的にはパソコンでしか行えないからです。

ただし、それ以上に通信速度面とバッテリーの消費面では大きなメリットがあるので機会があれば、ぜひ利用を検討してみてください。

2.楽天モバイルでのテザリング

楽天モバイルを使うことで、テザリングを無料で行うことができます。キャリアではオプションとして月額500円程度の料金がかかることもあるので非常にお得感があります。

ただし、全てのスマホで使えるわけではなく使える機種と使えない機種があります。楽天モバイルを利用し始めてから気づいたのでは遅いのでしっかりと確認しておきましょう。

2-1.テザリングができる機種

楽天モバイルでテザリングができる機種は、以下の3つです。

  • 楽天モバイルでセット販売されているスマホ
  • SIMフリーのスマホ
  • ドコモで購入したiPhone

上記の場合以外では、テザリングを使うことはできません。

念の為にテザリングができない機種についても紹介しておきます。

2-2.テザリングができない機種

楽天モバイルでテザリングができない機種は次のとおりです。

  • ドコモで購入したAndroid

なおSIMロックの解除を行ったとしても、ドコモで購入したAndroid端末はテザリングはできません。他のMVNOの格安SIMでドコモのAndroidを使っても同様に通信は行えないので注意してください。

どうしてもテザリングがしたい場合は、持っている端末を中古ショップなどで売って、楽天モバイルでスマホをセット購入するのがおすすめです。売った代金と合わせて新しいスマホを購入すれば安く入手することができます。

また、他のキャリアのスマホはどうなんだと気になる人もいるかもしれませんが、ソフトバンクやauのスマホは、楽天モバイルではそもそも利用できません。なので問題外です。

3.楽天モバイルでテザリングをする時の注意事項

楽天モバイルでテザリングを使う時のための注意事項について説明します。プラン選択時と利用の際に注意するべきについて書いているので是非一読ください。

3-1.プラン選択時に注意すること

楽天モバイルでは下記の4プランがあります。

それぞれ音声通話SIMは090/080/070~電話番号ありのプランで、データSIMは電話番号なしのプランです。

プラン名データSIM通話SIM
ベーシックプラン(200kbps)525円1250円
3.1GBプラン900円1600円
5GBプラン1450円2150円
10GBプラン2260円2960円

ベーシックプランは駄目

プランを選ぶ際に、1番安いベーシックプランでいいのではないかと考える人もいますが、このプランは高速データ通信量が全くありません。

通信速度は0.2Mbps(200kbps)と非常に低速で、文字ばかりのスマホ用ウェブサイトを読み込むのにさえ時間がかかってしまいます。楽天モバイルには、低速でも初速を速くするバースト転送機能もないのでテザリングはもってのほかです。

テザリングをしたい人は、ベーシックプランは絶対に契約しないようにしてください。

よくテザリング機能を使う人は5/10GBのプランを

週に1回近く頻繁にテザリングを利用する人は基本プランの3.1GBでは容量が足りなくなる可能性が高いです。何故なら、パソコンサイトは非常に大きなデータ容量を消費するからです。具体的に言うと、パソコンでネットをすると普段スマホでネットをしている倍近くのデータ通信量を消費します。なので、大容量のデータ量がある5GBか10GBのプランがおすすめになります。

もっとも、3.1/5/10GBのプランは月毎に変更できるので、実際に楽天モバイルを利用してみてから考える方向でも問題はありません。

3-2.使い過ぎは3日間の通信制限にかかってしまう

実は、楽天モバイルでは3日間あたりの通信制限があります。

プラン別でそれぞれ、

  • 3.1GBプラン:540MB/3日間
  • 5GBプラン:1GB/3日間
  • 10GBプラン:1.7GB/3日間

の利用量で速度制限がかかります。

通信速度はベーシックプランと同じ0.2Mbps(200kbps)になってしまうので使い物になりません。なので、データ通信量に注意しながらテザリングを行う必要性があります。

頻繁にテザリングをする人で、特に楽天モバイルでなくてはならない理由がなければ、他の格安SIMを選ぶ手もあります。特におすすめなのは、mineoで楽天モバイルと似た0.5/1/3/5/10GBのプランがあり、テザリングも楽天モバイルと同じ条件で利用ができます。

まとめ

楽天モバイルでは、外出先でもパソコンやタブレットを利用できる便利なテザリング機能を無料で利用できます。

ただし、使い過ぎは3日間の通信制限にかかる可能性があるので要注意です。

内容が役に立てばシェアしてくれると嬉しいです。

やさしい格安スマホとSIMの最新情報を更新しています。