格安SIM(MVNO)でLINEの年齢認証を突破する方法

line年齢認証

格安SIMを使っていて地味に困るのが、LINEの年齢認証。

MVNOでは年齢認証が出来ないので、友達の追加が対面でないと出来ません。

ただこの問題、いろいろ抜け道があるのをご存知でしょうか。

そこで今回の記事ではLINEの年齢認証を突破する方法と、そもそも年齢認証しなくても友達を追加する方法について紹介します。

1.なぜ格安SIM(MVNO)では、年齢認証を突破できないのか

LINEで年齢認証がかけれれている大きな理由は、未成年が出会い目的で利用しないためにあります。

そして、MVNOでLINEの年齢認証が出来ないのは、単純に大手キャリアにしか対応していないからです。

格安SIMのささったスマホで、LINEの年齢認証を行うと、ドコモかauのサイトに飛ばされます。しかし、実際に使っているスマホは、ドコモでもauでもないMVNOで運用しているものなので認証できる訳がありません。

2.年齢認証しなくても友達を追加する方法

まずは、お手軽な方法としてそもそも年齢認証を突破せずに友達を追加する方法を紹介します。

2-1.PC版のLINEを使う

1番お手軽な方法が、PC版のLINEを使う方法です。

手順は単純で、公式プログラムをインストールして、ログインするだけです。

LINE公式サイト:ダウンロード

スマホでは出来なかったID検索が、何をすることもなく普通に使えます。

これで友達をどんどん追加できます。

PC上では、劣化版SkypeのLINEですが、友達登録だけは役に立ってくれます。

2-2.LINE招待用URLを発行する

2つめの方法は、LINE招待用URLを発行する方法です。

こちらは自分専用のURLかQRコードを相手に教えることで、友達登録が可能になります。

LINE招待用URLを発行する方法

では、さっそくLINEの招待用URLを発行しましょう。

line友だち追加ページ

まずラインアプリの右上の横向き3点のアイコン「その他」から「友だち追加」を選択します。次に、右上の「招待」をクリックします。

Line 招待方法

「SMS」か「E-mail」が表示されるのでどちらか好きな方を選択します。

SMSは登録されている電話番号に、E-mailは登録されているメールアドレスの相手にLINEの招待を送れます。

LINEで友達を追加する

次に、LINE招待用URLを送りたい相手を選択します。送りたい相手(twitterやFacebookで送る場合は適当な相手で大丈夫)の右側にある「+招待」のアイコンをタッチしましょう。

そうするとメールやGmailの選択肢が出てくるのでどれか適当に選択します。

LINE招待用URL

メール画面が表示されるのでそのまま送信するか、メール一番下のLINE招待用URLをコピーして別の手段で送りましょう。

twitterのメッセージだとURLは送れますが、Facebookだと送れないのでメールの一番下にあったQRコード画像を保存してから利用しましょう。

3.LINEの年齢認証を突破する方法

では、いよいよLINEの年齢認証を突破する方法を紹介します。先ほど紹介した、ふたつの方法で友達登録はできるようになりますが、どうしても年齢認証を突破したい人のみ使ってください。

3-1.大手キャリアのSIMで年齢認証

大手キャリアのSIMカードを家族や友人から借りて年齢認証を突破する方法になります。イメージとしては、年齢認証の時だけ別のSIMをさして、誤魔化す感じです。2台持ちの場合はガラケーのSIMカードが使えます。

格安SIMで使っているスマホによって、使えるSIMカードのキャリアが違うので注意してください。

  • ドコモの端末(白ロム)→ドコモのSIMのみ可能。
  • auの端末(白ロム)→auのSIMのみ可能。
  • SIMフリーのスマホ→ドコモ・au・ソフトバンクのSIMどれでも可能。

また、SIMカードのサイズにも注意してください。

XperiaやiPhoneは1番小さいnanoSIMですが、その他の携帯電話は、中くらいのサイズのmicroSIMが多いです。nanoSIMがあってmicroSIMが必要な場合は、Amazonでサイズ変更アダプターが売っています。microSIMがあってnanoSIMが必要な場合は、サイズ変更が出来ないので、ヤフオクで数百円で使用済みのnanoSIMを購入しましょう。

では、さっそく手順を説明します。作業は念のためWi-Fi環境下で行います。

  1. まず、スマホの設定画面からモバイルデータ通信をオフにします。そして、SIMカードをスマホに挿入しましょう。
  2. 次にLINEを起動して、「その他」から「設定」を選択します。
  3. 「年齢確認」をタッチすると、「年齢認証結果」がでるので選択して「確認を」クリックします。
  4. 画面が表示されたら、キャリアのIDとパスワードを入力して、年齢認証を行います。

これで、作業は終了です。格安SIMに差し替えても、問題なくIDの検索ができるようになります。

4.まとめ

今回の記事では、格安SIMでも、LINEで友達の追加する3つの方法をお伝えしました。

LINEで年齢認証できないことは、正直なところ格安SIMで1番実害があるデメリットかもしれません。

年齢認証自体も、別の手段でLINEに友達を追加する方法を、LINEの公式自体が設けているのでただ単に不便なだけです。本当のところは、行政機関などから言われたからとりあえずやっている方便なのではないかとも思ってしまいます。

内容が役に立てばシェアしてくれると嬉しいです。

やさしい格安スマホとSIMの最新情報を更新しています。