ソフトバンクからMVNOにMNP(乗り換え)する方法

ソフトバンクの携帯電話を利用していて、格安スマホ・SIMに乗り換える際にはソフトバンクからMNP予約番号を貰う必要があります。この記事ではMNP予約番号のもらい方とその後の流れを説明したいと思います。

1.ソフトバンクからMNP予約番号を貰う

格安SIMに乗り換える際には、ソフトバンクからMNP転出予約番号を発行してもらう必要があります。ソフトバンクショップの窓口、電話で手続きができます。

簡単なので、電話での手続きがオススメです。

  • ソフトバンクショップへ行く場合

近くのソフトバンクショップへ行き解約手続きを取りましょう。印鑑と免許証などの本人確認書類、利用中の携帯端末が必要です。

  • 電話をする場合

今使っているソフトバンクの携帯電話から*5533にダイアルしましょう。受付時間は午前9時から午後8時までです。

長期ユーザーの場合、次の機種を安くするポイントをあげますと、引き止められる場合がありますが、格安SIMの方がお得です。きっぱりと断りましょう。

2.格安SIM・格安スマホの購入

2-1.スマホの選び方と購入

ソフトバンクのスマホを持っている場合は、格安SIMでは運用ができません

新しいスマホが必要です。 格安スマホかSIMフリーのスマホを買いましょう。格安スマホの選び方は、「おすすめの格安スマホの選び方」の記事を参考にしてください。

2-2.格安SIMの選び方

MNP(乗り換え)する場合は音声通話対応SIMのプランを選びます。

ソフトバンクからの乗り換えの場合、格安スマホとSIMをセットで購入するか自分で購入したSIMフリースマホ・白ロムに格安SIMを差すかのどちらかになります。 自分でスマホを購入した場合、格安SIMを選ぶ必要がありますので「おすすめの格安SIMの選び方」を参考にしてください。

2-3.格安SIMの購入

さっそく購入と行きたいところですが、購入の前に少しだけやることがあります。 キャリアメールが使えなくなるので、Gmailの登録を行いましょう。 GmailはAndroidスマホの元となるシステムを開発しているGoogle社のものなので親和性が高くておすすめです。 ドコモ系の格安SIMにする場合は手続きの都合上、2~3日の間電話ができない期間が発生してしまいます。別居中の家族などがいる場合は心配をかけないように先に連絡をしておきましょう。 au系のMVNO「UQ mobile」・「mineoのAプラン」の場合はすぐに電話ができるようになります。 では早速格安SIMを購入しましょう。 購入する際に必要な物は以下の3つです

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類
  • クレジットカード

各格安SIMの公式サイトで購入手続きを行います。 購入の際に手順1.で手に入れたMNP予約番号の入力が必要になります。 免許証などの本人確認書類は契約時にサイト上に写真を撮ってアップロードします。 2~3日すると格安SIMカードが届きます。

3.格安SIMの初期設定

格安SIMカードが届いたら初期設定を行いましょう。 初期設定と行っても簡単でSIMカードを差し替えるだけです。側面や裏にSIMカードスロットがあるので、差し替えましょう。どうしても分からない方はネットで調べてみましょう。 新しいスマホをセットで買った人はスマホの設定も行いましょう さあ、格安スマホ生活の始まりです。

さいごに

格安SIMに携帯電話を乗り換える際に、さほど難しい手続きは必要ないことが分かったと思います。手続きが分からないから乗り換えない、面倒だから乗り換えないと思っていた方には考え直してもらえたのではないでしょうか。 実際に格安スマホを選ぶ場合は、「おすすめの格安スマホの選び方」、格安SIMを選ぶ場合は、「おすすめの格安SIMの選び方」を参考にしてください。

内容が役に立てばシェアしてくれると嬉しいです。

やさしい格安スマホとSIMの最新情報を更新しています。