mineoのAPN設定を行ってみました

先日mineoのドコモプランのシングルタイプの格安SIMを購入しました。(参考記事:mineoの申し込み方法

そこで今日は実際にmineoでスマホを使うための初期設定を行ってみました。

必要な手順は、SIMカードの入れ替えとAPN設定になります。

今回はドコモプランでAndroidでの説明ですが、auプランとiPhoneでの設定方法もまとめて紹介しているのでこれからAPNの設定をする人は是非参考にしてください。

1.SIMカードの入れ替え

まず最初に、スマホのSIMカードの入れ替えを行って、下準備をします。

今回はASUSの格安スマホのZenfone5を使いました。

androidのSIMカード取り出し

Zenfone5の場合、SIMスロットは本体の裏側にあります。他のスマホでは側面などにSIMスロットがある場合が多いです。(元々入っているSIMカードを抜いて、)mineoのSIMカードを挿すと入れ替えは終了です。

iPhoneのSIMカード取り出し

iPhoneではSIMスロットは右側面の小さな穴がある場所で、下図のようにクリップなどで押すことで差し替えができます。

2.APN設定を行う

次にAPNの設定を行います。APNはインターネットのデータ通信を行うために必要な接続先を決める設定です。

mineo-apn-005

「設定」→「その他」→「モバイルネットワーク設定」に進み、「アクセスポイント名」をタップします。

zenfone5 apn設定

APNの画面に来たら、上部の+アイコンから設定を行います。

Zenfone5には、他MVNOのAPN設定もいろいろ入っていますがmineoでは販売されていないので入っていないようです。

mineo-apn-003

ではAPN設定を行いましょう。

入力すべき項目は以下の5つです。

  • 名前/ネットワーク名:適当な名前。筆者はmineoにしました。
  • APN:mineo-d.jp
  • ユーザーID/ユーザー名:mineo@k-opti.com
  • パスワード:mineo
  • 認証タイプ:CHAP

入力が完了したら、右上の3点アイコンから保存をタップします。

mineo-apn-002

新しくmineoの名前が表示されているので選択すれば設定は完了です。

これでZenfone5は、インターネットに接続ができるようになりました。

2-1.iPhoneの場合のAPN設定

Androidでの設定以外にも、iPhoneでのAPN設定も紹介しておきます。

iPhoneでは、Androidのように自分でAPNの設定を行うことができません。その代わりにmineoがプロファイルと呼ばれるネットワーク設定をするファイルを配布しているのでインストールすることで利用できます。

それぞれドコモプランとauプランによってインストールするプロファイルが違うので注意してください。

ドコモプラン

auプラン

上記のファイルにアクセスして、インストールを行うだけでiPhoneは利用できます。

3.実際に利用してみると

mineoでは、格安SIMの通信速度が遅くなりやすい昼間でも快適に利用できています。

mineoは通信速度以外にも、便利なアプリやサービスが揃っているので非常に快適に利用できています。それについては今度また記事にしてみたいと思います。

mineo

内容が役に立てばシェアしてくれると嬉しいです。

やさしい格安スマホとSIMの最新情報を更新しています。