MVNOで通話料を安く抑える方法

格安SIMにはかけ放題や無料通話分がありません。

せっかくお得にスマホを利用できると思ったのに、使い過ぎてキャリアより高額にってしまった!ということが無いよう注意しなければいけません。

基本的に格安SIMでは、「20円/30秒」の通話料金がかかります。

格安スマホが月額3000円、キャリアスマホが月額7400円の利用料金だと仮定した場合、4400円の料金差なので、たった1時間50分の通話でキャリアの方が安くなってしまいます。

でも大丈夫です。簡単に通話料を安くすることができます。

楽天でんわで通話料金が半額!!

格安スマホを使う場合は必須アプリといっても過言ではないのが楽天でんわです。

楽天でんわをインストールして使うだけで通話料が半額の「10円/30秒」で利用できます。

楽天会員の場合100円の利用で1ポイントが溜まるというのも嬉しい特典です。

以下のリンクからインストールを行って、電話をかけるときにアプリからコールするだけで簡単に利用できます。

Google Playでインストール (Android)

iTunesでインストール(iPhone)

ここで少し余談です。

長時間通話する相手が自分の両親などの場合は、楽天でんわを使わずに新しく格安スマホを購入したほうがいい可能性があります。LINE等の通話アプリはデータ専用SIMでも利用できます。特にスマホが余っている場合は初期費用なしの月額700円程度だけで利用できます。

楽天でんわ以外の通話アプリ・サービスはお得ではない。

楽天電話以外にも通話アプリやサービスがありますがそれらのサービスを使っても、お得に使うことはできません。

OCNでは「050plus」、mineoでは「LaLaCall」の基本使用料がタダになるサービスがありますがIP電話なので利用をおすすめしません。IP電話は050から始まる電話番号があるLINE通話のようなもので実際の電話ではないです。タブレットを使っている場合は一考の余地がありますが、普通の場合は楽天でんわを利用したほうがいいです。

もしもシークス、NifmoなどのMVNOは、通話定額サービス・かけ放題を提供していますが今のところ「楽天でんわ」と後述する「ガラケーとの2台持ち」の方がはるかにメリットが大きくて使い物になりません。おすすめできない理由が気になる方は「格安SIMの通話定額(かけ放題)プランを徹底比較。」を参照してください。

長時間の通話(月に3時間以上)を行う場合は2台持ちがおすすめ

仕事などで月に3時間以上の電話をする場合は2台持ちを推奨しています。

楽天でんわで通話料を半額にしてもキャリアのかけ放題の方が安い可能性が高くなります。

基本的には、かけ放題のガラケー(月額2200円)+データ専用の格安スマホ(月額900円程度/3GB)のプランでお得に利用できます。

↓詳しくは下記の記事を参考にしてください。↓

長時間通話向き。ガラケーと格安スマホの携帯2台持ち
仕事などで長時間(月に3時間以上)の通話をする場合は、かけ放題のガラケーと格安スマホ・タブレットの2台持ちがおすすめです。 今...

内容が役に立てばシェアしてくれると嬉しいです。

やさしい格安スマホとSIMの最新情報を更新しています。