MVNO(格安SIM)の国際ローミングは実用に耐えない

海外に出かける際には、携帯電話が利用できるととても便利です。

格安SIMは、果たして海外で利用できるのでしょうか。

国際ローミングとは?

国際ローミングとは、日本と海外の携帯会社間の提供で、海外でも国内と同じように携帯電話を使えるサービスです。

海外にいっても普段と同じようにスマホを利用できるので大変便利です。

ここ最近では、ソフトバンクがアメリカの携帯会社を買収し、日本国内と同じ料金で米国でもスマホができるアメリカ放題が話題になっています。

ドコモ・au・ソフトバンクでは一般化しているサービスなので利用したことのある方も多いのではないでしょうか。

格安SIMで国際ローミングをする際に注意すべき点

MVNOでも大手携帯キャリアと同じように国際ローミングを行えますが重大な注意点があります。

それは、音声通話対応SIMの「通話機能」と「SMS機能」のみ利用可能という点です。

格安SIMでの国際ローミングは、通話のみでデータ通信を行えません。

つまり、インターネットを使っての検索が行えません。

地図を使ったり、情報を調べるためにローミングサービスを利用する場合が多いので、これは大きな問題です。

その理由として、格安SIMでは、海外での利用を想定していないことが挙げられます。

やはり、大手キャリアに比べると各MVNOは利用者数も少ないのでそこまでサービスが行き届いていないのだと思われます。

なお、国際ローミングを提供しているMVNOは、mineo、OCN、IIJmio、楽天モバイル、U-mobile、DMM mobileなどがあります。

どの会社も音声通話対応SIMの「通話」と「SMS機能」だけの利用となっています。またキャリアのように使いすぎた際に制限などが入る機能もあまりなく、制限が入ったとしても50000円が上限だったりします。

海外に行く際はSIMフリーのスマホ

格安SIMで国際ローミングを行うことは、避けたほうが良いです。

また、海外によく行くからという理由だけでキャリアのスマホにするのもやめたほうが良いです。

キャリアであれば、月々の維持費が高くなってしまいますし、国際ローミング費も結局は高いので、それならば格安スマホにしてSIMフリーの端末を買うことをおすすめします。

SIMフリーの端末であれば、全世界で利用できます

なので、現地のSIMカードを利用したり、旅行前に日本で専用のプリペイドSIMを購入したりして海外でお得にスマホを利用できます。

内容が役に立てばシェアしてくれると嬉しいです。

やさしい格安スマホとSIMの最新情報を更新しています。