USBテザリングの設定方法

スマホを無線LANのように使うテザリング機能には3種類あります。なかでもUSBテザリングは、通信速度が速く、充電しながらできるメリットがあります。

設定自体も非常に簡単で、初心者でも直ぐにマスターできます。AndroidとiPhoneで設定方法が違いますがどちらのも紹介するので、是非USBテザリングを設定をするときには参考にしてください。

便利なテザリングについてもっと詳しく知りたい人は「3種類のテザリングを使い分けよう」もぜひ参考にして下さい。MVNOでのテザリングの注意事項とともにまとめています。

1.USBテザリングの設定方法

まず最初に、用意するものは以下の3つです。

  • テザリングの親機となるスマートフォン
  • 電波を受けるパソコン・タブレット
  • USBケーブル

注意する点として、スマートフォンは、USBテザリングに対応した機種を選ぶ必要があります。ただしここ2~3年に発売されたほぼ全てのモデルで対応しているのであまり気にする必要はありません。

また、USBケーブルはスマホとパソコン双方が接続できるケーブルを用意しておきましょう。

ではさっそく、設定を行いましょう。

1-1.スマホとパソコンをUSBで接続

スマホとパソコンをUSBで接続する

最初の準備として、テザリングを行うスマホとパソコンを接続します。先ほど用意したUSBケーブルを使い、USBポート同士を繋ぎましょう。

USBテザリングを行うための下準備は、これだけで終了です。

次は、スマホ側の設定に移ります。

1-2.スマホの設定

スマホの設定に移りましょう。設定自体は特に難しいことはなく、誰がやっても2分ぐらいで設定は終わります。

AndroidとiPhoneで設定方法が違っているので両方の場合を解説します。

1-2-1.Android端末の設定

Android端末でのUSBテザリング設定は、機種によって違います。ただし、全てが変更されているわけではなく、設定画面の順番が少し違うだけなので、基本的にはほぼ同じ設定方法となります。

なお、今回はZenfone5利用しました。

設定からその他

スマホのホーム画面から「設定」を開きます。

次に、「その他」の項目をタッチします。機種によっては、その他の選択肢がなくそのまま次の「無線とネットワーク」があることもあります。

無線とネットワーク画面

「無線とネットワーク」の設定画面が開けたら、次に「テザリング」の項目をタッチしましょう。

テザリングの項目画面

「テザリング」の設定画面が開けたならば、「USBテザリング」の欄の□にチェックを入れましょう。

以上でAndoroid端末のUSBテザリングの設定は完了です。

1-2-2.iPhoneの設定

次に、iPhoneのUSBテザリングの設定方法を紹介します。

iPhoneのホーム画面から「設定」タッチする。

次に「インターネット共有」の項目があるので選択します。

「インターネット共有」の画面が表示されたら、右側のアイコンをタッチしてオンにします。

「Wi-FiとBluetoothはオフです」がポップアップ表示されるので、「USBのみ」を選択します。

以上で、iPhoneのUSBテザリングの設定は完了です。

1-3.USBテザリングを利用する

USBテザリングの場合、パソコンやタブレット側で特に設定することはありません。

さっそく、インターネットを利用してみましょう。

念の為に、パソコン側でうまく接続されているか確認してみます。

ネットワーク接続確認

パソコンのネットワークの設定画面を見てみると、Wi-Fiは未接続ですがイーサネット接続が行われていることが確認できます。

次に、ダウンロードの通信速度がしっかり出ているのか測定してみました。

測定条件は、平日の15時12分にNifmoの格安SIMを利用しています。

usbテザリング下り通信速度テスト

結果、通信速度は12.25Mbpsでした。高画質動画を観て、ネットゲームをできるぐらいの速度がでています。

まとめ

USBテザリングは、3種類のテザリングの中でも、充電しながら行えるので電池の消費がもっとも少なく、有線接続なので通信速度も出やすい方法です。

設定自体も非常に簡単なので是非利用してみてください。

内容が役に立てばシェアしてくれると嬉しいです。

やさしい格安スマホとSIMの最新情報を更新しています。