DMM mobileでiPhoneを使おう!注意事項から設定方法まで

格安SIMでもiPhoneをやっぱり使いたいという人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、DMM mobileでもiPhoneを使いたいという人のために、利用できる機種から格安SIM購入後の設定方法までをまとめてみました。

他のMVNOの格安SIMでiPhoneを使いたいという人は、「MVNOでiPhoneを使うための5ステップ」も合わせて読んでください。

1.DMM mobileで利用できるiPhoneの種類

DMM mobileでは2+1種類のiPhoneが利用できます。

  • ドコモで購入したiPhone5c以降の機種

iPhone5c/5s/6/6plus/6s/6splus~

  • SIMフリー版のiPhone3GS以降の機種

iPhone3GS/4/4s/5/5c/5s/6/6plus/6s/6splus~

DMM mobileでは、au・ソフトバンクのiPhoneは利用できないので注意して下さい。ただしソフトバンクのiPhone6S以降の機種については、SIMロックを解除することでDMM mobileでも利用できるようになります。

  • ソフトバンクで購入してSIMロックを解除したiPhone6s以降の機種

iPhone6s/6splus~

1-1.ドコモのiPhoneの使用がおすすめ

DMM mobileでのiPhoneの利用はドコモ版がおすすめです。

理由としては、以下の3点があげられます。

  • 今までドコモで使っていたiPhoneを利用できる
  • 新しく購入するならドコモ版が値段が安い
  • ドコモ版iPhoneでもテザリングができる

それぞれについて、詳しく説明します。

①今までドコモで使っていたiPhoneを利用できる

今使っている機種をそのまま使えるので端末代金が必要ありません。

DMM mobileでは、電話番号付きの音声通話プランが月々1500円から利用できます。

かけ放題ではないので、通話代金が20円/30秒かかりますが、月7000円以上するキャリアに比べると大幅に節約できます。通話代自体も、無料アプリのDMMトークを利用することで半額の10円/30秒に抑えることができます。詳しくは「DMMトークについて」をご覧ください。

②新しく購入するならドコモ版が4万円以上値段が安い

iPhoneの購入は、SIMフリー版よりドコモ版の方がおすすめです。

ドコモ版は、ヤフオクや中古ショップで購入が行えます。1度も利用されていない端末も多く出回っています。

参考までに、2016年2月20日現在でのSIMフリー版とドコモ版の値段を比べてみます。

【iPhone 6S 16GBの場合】

  • アップルストア(SIMフリー版):106704円 (税込)|24回払い月々4400円
  • ヤフオク(ドコモ版新品):65240円(税込)

※ドコモ版については、ここ3ヶ月の新品397件の平均落札額を参照しています。

アップルストアとヤフオクの購入金額を比べると4万円以上の金額差があります。

また、ヤフオクで購入したiPhoneでも、出品者が購入して1年以内ならドコモの無料保証が受けられますし、それ以降の有償修理もドコモショップで対応してもらえます。

加えて、ドコモで購入して6ヶ月以上経過したPhone6S以降の機種は、SIMロック解除を行えるのでSIMフリー版と同様に海外などでも使うことができます。

③ ドコモ版iPhoneでもテザリングができる

格安SIMで問題になるのはテザリングですが、ドコモ版iPhoneは問題なくテザリングが行えます。

なので、テザリングが使えないドコモのAndroidスマホのようにわざわざSIMフリー版を買うメリットはほとんどありません。

新しくiPhoneを購入する場合には、値段の面からも、機能の面からもドコモ版の購入がベストです。

2.iPhoneをDMM mobileで使うための申し込みから設定方法

DMM mobileで利用できるiPhoneの種類が分かったところで、さっそくDMMmobileを契約してみましょう。

おおまかな流れは、「申し込み」→「SIMカードの受け取り」→「APNの設定」です。

2-1.DMM mobileの申し込み

まず最初に、【DMM mobile 公式サイト】から申し込みを行います。

申し込みには、クレジットカードが必要です。

電話番号そのままでMNP(乗り換え)する人は、MNP予約番号が必要になります。

MNP予約番号は、ドコモで利用中の携帯電話で151にダイアルすることで入手できます。オペレーターに繋がったらMNP予約番号を発行したいことを伝えましょう。受付時間は午前9時から午後8時までなので注意して下さい。

  • Step1.申し込みプランの選択

「トップページ」→「お申し込み」からプランを選択します。

電話番号そのままで乗り換えをしたい人は、音声通話付きプラン(乗り換えで申し込む)
電話番号が変わってもいい人は、音声通話付きプラン(新規番号で申し込む)
LINEなどで大丈夫なので電話番号がいらない人は、データ専用プランを選択しましょう。

  • Step2.プランのデータ容量の選択

「お申し込みの前に」の内容を確認して、「ご契約プランの選択」に進みます。

乗り換えの人は、MNP予約番号を入力します。それ以外の人は、データ容量の選択からはじめます。

自分に合ったデータ容量がわからない人は、とりあえず3GBを選択しておきましょう。3GBあればスマホ利用者の7割が充分に足ります。データ容量は、毎月変更できるので合わなければ後から変えましょう。

  • Step3.SIMカードのサイズの選択

次にSIMカードサイズの選択を行います。

SIMカードサイズは、標準、micro、nanoの3サイズあります。

それぞれiPhoneのSIMカードサイズは、標準SIM:3GS、microSIM:4/4s、nanoSIM:5以降となっているので注意して下さい。

  • Step4.個人情報の入力

「お客様情報登録」から個人情報の入力を行います。

各種項目に正しい情報を入力しましょう。

  • Step5.本人確認書類のアップロード

次に「本人確認」を行います。データ専用プランの場合はありません。

免許証や保険証など本人確認書類を利用します。スキャナやスマホの写真機能を活用しましょう。

先ほど入力した個人情報と同じ内容のものをアップロードします。

  • Step6.SIMカードを受け取る

DMM mobileから、SIMカードが発送されます。

データ専用SIMで大体1~3日後、音声通話対応SIMでも7日以内には届きます。

DMM mobileの設定

  • Step7.SIMカードをiPhoneに挿入する

まず最初に、SIMカードをiPhoneに挿入しましょう。側面の小さい穴がある場所がSIMカードスロットです。クリップなどを差し込むと外すことができます。

良くわからない人は「Apple公式|iPhone または iPad の SIM カードを取り出す/移し替える」を参考にして下さい。

  • Step8.APNの設定を行う

DMM mobileでiPhoneを使いたい人にはAPNの設定が必要です。

APNの設定には、Wi-Fiなどの通信環境が必要になるので注意して下さい。

まず最初にiPhoneで下記のAPNファイルにアクセスします。

iOS版DMMmobileAPNファイル:APNファイル

「プロファイルをインストール」画面になるので、右上の「インストール」をクリックします。

パスワードの入力を求めれれるので入力しましょう。途中、警告画面が出ますが全ての格安SIMで表示されるので安心して下さい。

インストールが完了して、Wi-Fi設定を解除するとLTE通信が開始され、設定終了です。

  • Step9.iPhoneをDMM mobileで使おう

これで晴れてiPhoneをDMM mobileで利用できる様になりました。

DMM mobileをもっと便利に利用するには公式アプリとDMMトークの導入がおすすめです。

それぞれ「DMM mobileを便利に公式アプリの導入方法と機能解説」と「DMM mobileの通話料と半額アプリDMMトーク」にまとめているので参考にしてくれれば幸いです。

DMMmobileについてもっと知りたい人は「DMM mobileのプランと詳細」を参考にしてください。

申し込みは公式サイトからどうぞ→【DMM mobile】

DMMmobile

内容が役に立てばシェアしてくれると嬉しいです。

やさしい格安スマホとSIMの最新情報を更新しています。