FREETELでんわはどんな人におすすめ?詳細と注意事項

freetelでんわ

FREETELから電話が一定時間でかけ放題となるアプリ「FREETELでんわ」が発売されました。

通話品質の悪いIP電話ではなく、通常のでんわ回線を使ったサービス内容であることが肝で、MVNOではBIGLOBE SIMの通話パック60、楽天モバイルの5分かけ放題オプションに続いて3つめのおすすめできる通話サービスとなっています。

プラン詳細自体は、楽天モバイルの5分かけ放題オプションをかなり意識したものとなっていて、新規にFREETELの格安スマホ・SIMを購入する人や既存のFREETELユーザーに非常におすすめできる内容です。

そこで今回の記事では、FREETELでんわの詳細と注意事項、お得差の分岐点について解説します。FREETELを契約しようかと考えている人とFREETELユーザーのために役立つ知識なのでぜひ一度読んで下さい。

1.FREETELでんわのサービス内容

通話料がお得になるかけ放題サービスのFREETELでんわですが、誰もが利用できるわけではありません。

利用条件としてFREETELの音声通話対応SIMを契約することに加えて、FREETELでんわのパッケージを公式サイトで購入しなければいけませんので注意して下さい。

それでは、さっそく料金とプランについて説明します。

1-1.料金とプラン詳細

FREETELでんわを利用するには、公式サイトでパッケージの購入が必要です。

パッケージの料金は910円ですが、サービス利用開始から3ヶ月間は月々400円の割引が行われます。楽天モバイルの5分間かけ放題オプションとは違い初期費用がかかりますが、サービスの利用でしっかりと還元されるのは非常に嬉しい点です。

FREETELでんわは、基本機能の月額料金のかからない半額通話(10円/30秒)に加えて、2つの通話定額オプションを選択することができます。

  • 1分間かけ放題:月額399円
  • 5分間かけ放題:月額840円(※楽天モバイルでは月額850円)

1分と5分のオプションがあるので、通話時間に合わせてより自分に合った内容を選ぶことができます。もし長電話をして、オプションの無料通話時間を超過してしまった場合でも、それ以降は半額通話が適用されるので安心できます。

ただし、残念ながらキャリアのような制限なしのかけ放題オプションはありません。その場合は、キャリア版かけ放題のガラケーと格安スマホの2台持ちを行うことでお得にスマホを使えます。また、あまり電話をしない人が契約してしまった場合もパッケージ代が無駄になってしまいます。

そこでFREETELでんわを使ったほうが料金がお得になる分岐点がどの程度なのかを調べてみました。

2.FREETELでんわのお得度の分岐点はどこ?

格安SIMでは、短い時間しか電話しない場合は通話定額サービスなしがお得になり、長時間の通話をする場合は、キャリア版かけ放題ガラケーと格安スマホの2台持ちがお得になります。

そこでFREETELでんわの通話定額オプションとかけ放題ガラケーを比較すると、通話料がどれだけかかるのかを調べてみました。(カッコ)内の数字はどれだけで金額の元を取れるかの回数です。

項目1分間かけ放題5分間かけ放題キャリア版かけ放題ガラケー
料金399円840円1500円※1
通話1分0円(20回分)0円(42回分)0円(75回分)
通話5分80円/1回0円(8回分)0円(15回分)
通話10分180円/1回100円/1回0円(7.5回分)
通話30分580円/1回500円/1回0円(2.5回分)

※1:かけ放題の料金は2200円ですが、音声通話データ専用SIMではなくデータ専用SIMでいいのでその分の差額700円を引いています。

結果から分かるように、基本的に長時間の電話をするならガラケーのかけ放題がおすすめになります。それ以外の場合は、FREETELでんわかなにも使わないでの利用がおすすめになります。

少し分かりにくいので具体的な数値で説明します。プランを選ぶ際の大体の目安に使って下さい。

【FREETELでんわを使わない方がいい人】

  • 通話回数が少ない人、月に1時間も電話しない人(月の5分以内の電話時間の合計が42分以内の人で、長時間電話を含めた合計が75分以内の人。)

【キャリア版かけ放題ガラケーと格安スマホの2台持ちがいい人】

  • 5分以上の通話をたくさんする人、もしくは月に数回程度長時間通話する人(月の電話時間が75分以上の人で、下記の条件に当てはまらない人)

【FREETELでんわの1分かけ放題オプションがいい人】

  • 1分程度の短い電話をたくさんする人(月の電話回数が20回以上で、電話時間の1分超過分が22分以内の人)

【FREETELでんわの5分かけ放題オプションがいい人】

  • 1分から5分程度の通話をたくさんする人(月の電話回数が8回以上の人で、電話時間の5分超過分が33分以内の人)

いかがでしょうか。条件に当てはまった人のみFREETELでんわの利用をおすすめできます。その他の人は、通話定額サービス無しで格安SIMを利用するか、2台持ちがおすすめです。

格安SIMをまだ選んでいない人は「3つのポイントを抑えよう!格安SIMのおすすめな選び方」から格安SIMを選んでみましょう。

キャリア版かけ放題ガラケーと格安スマホの2台持ちについては「長時間通話向き。ガラケーと格安スマホの携帯2台持ち」も合わせて読んでみてください。

3.FREETELでんわの注意事項

FREETELでんわがどんな人におすすめできるかは分かっていただけたと思います。ただし利用の際には、注意点があるので簡単に説明しておきます。

3-1.既存ユーザーでもパッケージ版の購入が必要

FREETELを契約している人でも、すぐにFREETELでんわを使うことはできません。

面倒かもしれませんが、まずは公式サイトからパッケージ版の購入を行って下さい。パッケージが届くと簡単な手続きを行うだけですぐに利用できます。

3-2.新規ユーザーはFREETELの変動性プランに注意

FREETELでんわを使いたいからFREETELを契約しようと考えている人は、変動性プランに要注意です。FREETELの料金は、使えるデータ容量が固定されていなくて、データ通信量を使った分だけ料金が高くなります。

低データ容量はかなり安いですが、余ったデータ容量の引き継ぎができないため、結果的に割高となる可能性があります。

また、大容量のプランは元の値段が固定プランに比べて割高です。自制心のない人がFREETELを使ってしまうと結果的に月々の料金が高くなってしまいます。特に子供向けに、格安スマホを使う場合はおすすめできません。

参考までにFREETELと楽天モバイルの料金比較です。楽天モバイルは固定制のプランで、データ容量の引き継ぎができます。

MVNO~100MB~1GB~3GB~5GB~8GB~10GB
FREETEL999円1199円1600円2220円2840円3170円
楽天モバイル--1600円
(3.1GB)
2150円-2960円

FREETELがあっていないと感じた人は、楽天モバイルの5分かけ放題オプションを利用がおすすめです。内容も同じで、料金もほぼ同じ(10円差)の850円なので、FREETELでんわがいいと思われた人なら誰でもおすすめできます。加えて、楽天モバイルだと新しくスマホを購入する人もキャッシュバックで非常にお得です。

楽天モバイルについて詳しく知りたい人は、「楽天モバイルのプランと詳細」にまとめているのでぜひ参考にしてください。

FREETELを購入したい人は、筆者が実際に申し込みを行った「FREETELの申し込み方法とAPN設定」に購入の手順とプランの選び方、購入後の設定をまとめているので合わせてお読み下さい。

内容が役に立てばシェアしてくれると嬉しいです。

やさしい格安スマホとSIMの最新情報を更新しています。