【SIMフリー】ドコモの周波数帯(バンド)を調べてみた。

SIMフリー機を利用するために、ドコモの周波数帯(バンド)についてまとめてみました。

どの周波数帯(バンド)に対応しているのか=通信できるエリアの広さなので、重要な要素となってきます。

実際にスマホを自分で買ってから、購入後に繋がらないトラブルも発生しています。そうならないためにも、SIMフリー機(特にグローバルモデル)を購入する際には必ず確認しましょう。

今回は最初に簡単にまとめてから、詳しい説明に入りたいと思います。

LTEと3G。対応するバンドまとめ

まずLTEと3Gについて簡単に説明します。

基本的に、LTE=データ通信、3G=通話をするために必要な通信規格です。

どちらも周波数帯が高いほど通信速度は速くなり、低いほど電波が届きやすくなります。

LTE

Band1:(2GHzもしくは2.1GHz) 必須! 
Band3:(1.7GHzもしくは1.8GHz) 東名阪エリアの速度対策用。 
Band19:(800MHz) 所謂プラチナバンド。エリア対策用。 
Band21:(1.5GHz) 地方都市の速度対策用。 
Band28:(700Hz) 将来のエリア対策用。実験段階。

主要エリアで利用できるBand1が必須。山間部はBand19が必要。

3G

Band1:(2GHzもしくは2.1GHz)必須!
Band6:(800MHz)所謂FOMAプラスエリア。エリア対策用。
Band19:(800MHz) 運用終了間近。関係ない

主要エリアで利用できるBand1が必須。山間部はBand6必要。

LTEの周波数帯(バンド)

LTEの周波数帯について説明します。

Band1:(2GHz帯、海外では2.1GHz帯) 

下りの最大通信速度は75Mbps ドコモのメイン周波数帯です。ドコモ系のMVNOで利用する場合、必須となります。世界的に利用されている周波数帯なので海外のSIMフリー機でもほぼ全て対応しています。

Band3:(1.7GHz帯、海外では1.8GHz帯) 

下りの最大通信速度は150Mbps 東名阪エリアの速度対策用。東京・名古屋・大阪の三大都市圏が範囲。最大通信速度がBand1の75Mbpsと比べて速く150Mbpsです。ドコモがその地域の通信状況に合わせて自動に割り振りし、通信量を分散しています。

Band19:(800MHz帯) 

下りの最大通信速度は75Mbps 所謂プラチナバンド。エリア対策用で山間部や郊外などをカバーしています。低い周波数なので建物や山間部でも通信を拾いやすい特性があります。 対応エリアは「NTTdocomoサービスエリア」を参照してください。LTEのマップ上でオレンジ色の地域が対応しています。

Band21:(1.5GHz帯) 

下りの最大通信速度は112.5Mbps 東名阪エリア外の都市の速度対策用になります。

Band28:(700Hz)

将来のプラチナバンドで、エリア対策用です。世界的に利用されている帯域なので、海外モデルのSIMフリースマホには多く搭載されています。ドコモには早く対応して欲しいところです。

3Gの周波数帯(バンド)

では、3Gの周波数帯について説明します。

3Gは以前の携帯電話でメインだった通信方式です。現在も通話に利用されています。 データ通信専用SIMで格安SIMを利用する場合は関係ないです。

Band1:(2GHz帯、海外では2.1GHz帯)

ドコモのメイン周波数帯です。ドコモ系のMVNOで通話する場合、必須となります。世界的に利用されている周波数帯なので海外のSIMフリー機でもほぼ全て対応しています。

Band6:(800MHz帯)

所謂FOMAプラスエリア。エリア対策用で山間部や地方郊外での通話には必要。 対応エリアは「NTTdocomoサービスエリア」を参照してください。LTEのマップ上で黄色の地域が対応しています。

Band19:(800MHz)

運用終了間近です。以前はBand6と同時に利用されていましたが、エリアの再編によりほぼ利用されていません。

まとめ

基本的にBand1(2GHz帯、海外では2.1GHz帯) に適応していれば日本国内のほぼすべての主要エリアで利用できます。

加えて山間部地域などで利用する場合はLTEはBand19:(800MHz)、3GはBand6:(800MHz)の対応が必要になります。

内容が役に立てばシェアしてくれると嬉しいです。

やさしい格安スマホとSIMの最新情報を更新しています。