au系MVNO「mineo」と「UQ mobile」を徹底比較!

auでスマートフォンをご利用中の人で、利用料が高すぎるといった悩みや、2年縛りも違約金を払いたくないから乗り換えれないといった悩みを持っている人はいませんか?

MVNOの格安SIMに乗り換えるだけで月々1500円から、スマホを安く使うことができます。たとえ違約金を払ったとしても、なるべく早くMVNOに乗り換えた方がお得になります。

そこで今回は、auから乗り換える際に選択肢となる、au系MVNOの「mineo」と「UQ mobile」の2社について比較します。

この記事を読めば、どちらの格安SIMが自分に合っているのかが丸わかりになります。

1.au系MVNOは「mineo」と「UQmobile」の2社のみ

MVNOは全て合わせると30社近くありますが、mineoとUQ mobileの2社のみがau回線を利用したau系のMVNOで、ソフトバンク系に至っては存在しません。

なので、auから乗り換える人のほとんどがmineoとUQ mobileが乗り換え先の選択肢になります。

では、auユーザーが、au系MVNOに乗り換えるメリットとは何なのでしょう。

1-1.au系MVNOに乗り換える3つのメリット

au系のMVNOに乗り換える主なメリットは、次の3つです。

  • キャリアと比べると料金が圧倒的に安くなる
  • 今、auで使っている端末をそのまま使える
  • 乗り換え先の選択肢が2社のみなので悩みにくい

簡単に解説していきます。

①キャリアと比べると料金が圧倒的に安くなる

au系のMVNOに変えるとキャリアより料金が安くなることは、ほぼ間違いないです。

具体的に、もっとも利用者の多いデータ容量3GBプランの料金を比較してみます。

  • au:7000円(電話はかけ放題)
  • mineo:1510円(電話は20円/30秒)
  • UQmobile:1680円(電話は20円/30秒)

どうでしょう、月に5000円以上の差があります。auはかけ放題プランなので一概には言えませんが、通話が極端に多い人以外が、安くなることは間違いないです。

また、mineoとUQmobileでは「楽天でんわ」の無料アプリを利用すると通話料が半額の10円/30秒になるので、通話料の金額差はもっと小さくなります。

なお、この中には、スマホの代金は含んでいないので注意ください。ただし、スマホを購入した場合でも、MVNOでは、3GBのプランで3000円程度と非常に安く利用できます。

②今、auで使っている端末をそのまま使える

最近、話題になっているSIMロックの解除。

実はauのスマホには、あまり関係ありません。

というのも、auのスマホは、ドコモ・ソフトバンク・世界の標準からもはずれた、独自の周波数帯を利用しています。なので、たとえSIMロックを解除しても、ドコモ・ソフトバンク、ドコモ系MVNOでは通信ができません

mineoとUQmobileでは、au回線を利用しているので、auのスマホが使えます。

そのまま使えば、機種代がいらなくなるので、月額1500円程度でお得に利用ができます。

③乗り換え先の選択肢が2社のみなので悩みにくい

ドコモ系MVNOは、20社以上あるのに対してau系のMVNOはmineoとUQ mobileの2社のみです。

選択肢が少ないことは、デメリットではと考える人もいると思いますが、そうではありません。

何故なら、mineo・UQmobileともに通信・サービスとも品質が安定しているからです。2社とも、もっとも満足度の高い上位3社(格安SIMアワード2015 顧客満足度調査より)にも入るので、むしろどちらかを選ぶか、しっかり吟味して選択することができるメリットとも言えるでしょう。

1-2.2つのデメリット

ここまで、メリットを紹介しましたが、デメリットはないのでしょうか。

デメリットは以下の2点です。

  • キャリアの通信速度より遅くなりやすい
  • iPhoneではテザリングを使えない

それぞれ説明するので、しっかりと頭に入れておきましょう。

①キャリアの通信速度より遅くなりやすい

MVNO全体に言えることですが、キャリアより通信速度が遅い傾向があります。

特に12時台の通信速度が遅く、高画質の動画は遅延が発生しやすい状況です。

ただし、au系MVNOの2社はどちらとも高い通信速度を維持しているのであまり問題になりません。

詳しくは、後述の「2-2.通信速度の比較」を読んでみてください。

②iPhoneではテザリングを使えない

【テザリングの制限】

  • Andoroid(au):○
  • iPhone(au):×
  • SIMフリー端末:○

なお、ドコモ系のMVNOを利用した場合には、Andoroid端末がテザリングを利用できなくなります。

2.mineoとUQ mobileを比較

では、早速「mineo」と「UQ mobile」の格安SIMを比較してみましょう。

  • 料金とプラン
  • 通信速度・回線品質
  • オプション等のサービス

以上の3点で比較します。

2-1.料金とプランの比較

まずは、「mineo」と「UQ mobile」の料金とプランの比較してみます。

MVNOに乗り換えるとどれだけ安くなるか分かりやすいようにauの料金も比較対象に加えています。

プランキャリア500MB1GB3GB5GB無制限
かけ放題au6200円7000円
データ専用mineo700円800円900円1580円
UQmobile980円1980円
通話対応mineo1310円1410円1510円2190円
UQmobile1680円2680円
auの料金は一番基本的なプランのカケホとデジラを参照しています。条件によってはauスマートバリュー割が適用されます。その場合の最安価格は、1GB(4790円)・3GB(5590円)になります。参照:au公式サイト 料金・割引きプラン

またSMSを無料で利用できることも特徴です。データ専用SIMの場合には、よく発生するセルフスタンバイ問題の解消にSMSオプション付きのSIMカードを推奨していますが、心配する必要がありません。ドコモ系の格安SIMならSMSを追加すると月額150円程度かかります。

2-1-1.料金の安さ

料金を比較してみると、月額100円程、mineoが安いことが分かります。

mineoは複数回線割と家族割を行っているのでここから月額50円安くなる可能性があります。

2-1-2.プランの豊富さ

次はデータ容量で比較してみましょう。

  • mineoは500MB・1GB・3GB・5GB・10GBと豊富なデータ容量のプラン。
  • UQ mobileは3GBと無制限の2つのデータ容量のプラン。

mineoの500MBと1GBのプランは値段も月額200円しか変わらないので

3GB以下のユーザーはmineoかUQmibileどちらのサービス・速度が良いのかで総合的に比較することになります。

大容量を使うユーザーは基本的にmineoの5/10GBのプランがおすすめです。

なぜなら、UQmobileの無制限プランは、通信速度が500kbps(0.5Mbps)に固定されているからです。500kbpsの通信速度だと

2-2.通信速度面の比較

au系MVNOは、ドコモ系MVNOより通信速度が速く、安定しています。これは、2社とも積極的に通信設備を増強していることにあります。

通信速度測定アプリRBB SPEED TEST主催の、格安SIMアワード2015(http://www.iid.co.jp/news/press/2015/072301.html)では、通信速度部門でUQ mobileが1位、mineoが2位を獲得しています。

特に、UQ mobileの通信速度は圧倒的で、大手3キャリア並の速度が出ます。

mineoも通信速度が悪くはなく良い方なのですが、UQmobileの前には霞みます。

UQmobileは、auの子会社なので、auから逃げられるくらいなら、自社で取り囲んでやろうとでも思っているのかもしれません。

2-3.サービス面の比較

mineo 050電話番号が月額基本料無料。 au・ドコモ間のプラン変更が行える。 サービスが豊富 家族での乗り換えに向いている。 VoLTEに対応。 UQ mobile VoLTEに対応。

3.どちらがおすすめ

3-1.UQ mobileがおすすめな場合

1人でそのままの機種での乗り換え

公式サイトに移動する→【UQ mobile】

3-2.mineoがおすすめな場合

新しい機種が必要な場合

家族で乗り換える場合

3GBの容量で足りない場合

公式サイト:【mineo】

4.まとめ

内容が役に立てばシェアしてくれると嬉しいです。

やさしい格安スマホとSIMの最新情報を更新しています。