コスパ最高!月2・3GBの格安SIMおすすめランキング

2GBと3GBのプランは、Wi-Fiのない場所で1日2時間程度スマホをするぐらいの使い方にぴったりです。スマホを利用している人の約半数が、2GBか3GBのプランに当てはまります。

気になる料金は3GBのプランで、電話番号のある音声通話が最安値1500円、データ専用SIMが最安値850円となっています。

3GBのプランは、MVNO各社が最も凌ぎを削っているので、最もコストパフォーマンスがいいです。これには、格安SIMのメインプランが2GBだった時に、IIJmioが容量を3Gに引き上げたことに各社が追随した経緯があります。

そこで、このページでは格安SIMの2GBと3GBのプランで使えるデータ通信量の目安と選ぶときの注意点、各SIMの比較とおすすめを紹介しています。選ぶ参考になれば幸いです。

1.3GBの通信量でできること

では、格安SIMを選ぶ前に3GBの通信量でどのくらいのことができるのか紹介します。目安を知ることで自分に合ったプランであるのか把握できます。

用途データ通信量3GB
ホームページ閲覧0.5MB/1ページ程度6000ページ
Youtube標準画質300MB/1時間20時間
LINE通話30MB/1時間100時間

いかがですか。月に3GBあれば充分にスマホを使えることが、お分かりいただけたのでないでしょうか。もっと、詳しく通信量について知りたい人は「通信量の目安」を参考にしてください。

なお、格安SIMでは、1ヶ月毎にプランの変更をすることができます。自分の通信量が正確にわからない人は、まず最初は3GBで契約して、合わなければその後に1GBや5GBのプランに変更する方法がおすすめです。

2.2・3GBの格安SIMを選ぶ時に注意すること

2・3GBの格安SIMを購入する際に、特に注意することは、通信速度と、余ったデータ容量の繰り越しができるかという2点です。

通信速度は、現在の速度よりも以前から安定した速度が持続していることが重要になります。また、余ったデータ量を翌月に繰越できることで余裕を持った使い方ができます。

比較の表を作成しているので、選ぶ際の参考にしてください。

2-1.3GBの格安SIMを比較

通信速度は、現在の通信速度だけではなく過去の信頼性も考慮して比較しています。

◎=高速で安定している ○=普通の速度で安定している △普通の速度で安定していない。もしくは低速

MVNO名データ
プラン
音声通話
プラン
通信速度データ
繰り越し
類似プラン
mineo(au回線)900円1510円1/5GB
mineo(ドコモ回線)900円1600円1/5GB
UQ mobile980円1680円-
楽天モバイル900円1600円5GB
DMM mobile850円1500円1/2/5GB
IIJmio900円1600円5GB
Nifmo900円1600円5GB
BIGLOBE900円1600円6GB
b-mobile1000円1800円×変動~5GB
OCNモバイルONE1100円1800円5GB

※価格は税抜き表示

3.2・3GBの格安SIMおすすめランキング

格安SIMの比較表を参考に、おすすめランキングをまとめてみました。

さっそく、自分に合った格安SIMを選びましょう。

1.楽天モバイル

楽天モバイル 3GBプラン

プラン名月額料金
データSIM 3.1GBプラン900円
通話SIM 3.1GBプラン1600円

楽天モバイルは、スマホとのセット購入を考えている人と、楽天のサービスを利用している人におすすめです。積極的なキャッシュバックを行っているので、もっともお得にスマホを買える可能性が高いです。また、格安SIMの利用で溜まる楽天ポイントを楽天市場でのお買い物に利用できます。

楽天モバイルの詳細と評判

公式サイトに移動→【楽天モバイル】

2.UQ mobile

UQ-mobile 3GB

プラン名月額料金
データ高速プラン 3GB980円
データ高速+音声通話プラン 3GB1680円

格安SIMで最も通信速度が高速で安定しているのがUQmobileです。3GBのデータ容量がもっとも合っている人に1番おすすめです。au回線なのでauのスマホを持っている人は、新しいスマホを購入することなく乗り換えができます。ただし、3GBプラン以外は低速の無制限プランしかない点に注意してください。

公式サイトに移動する→【UQ mobile】

3.mineo

プラン名auプランドコモプラン
シングルタイプ 3GB(データ通信)900円900円
デュアルタイプ 3GB(音声対応通話)1510円1600円

ドコモ回線とau回線を持つMVNOはmineoだけです。ドコモとauのスマホがそのまま利用できるので、乗り換えにおすすめです。また、余ったデータ容量の繰り越しサービスが優秀です。余ったデータ容量は自分だけではなく、家族間や友人と分け合えます。さらに家族での契約では家族割も使えます。mineoは、家族での利用にもっともおすすめな格安SIMです。

mineoの詳細と評判を見る

公式サイトに移動する→【mineo】

4.DMM mobile

DMM mobile2・3GBプラン

プラン名月額料金
データ専用SIM 2GBプラン770円
データ専用SIM 3GBプラン850円
音声通話対応SIM 2GB プラン1470円
音声通話対応SIM 3GBプラン1500円

3GBのプランで最も安いのがDMMmobileです。豊富なプランが特徴で、どのプランも最安クラスです。3GBのプラン以外にも1/2/5/7GBなどのプランがあるので、契約後に自分にの利用量にあった変更が簡単にできます。価格をもっとも重要視する人やはじめてスマホを利用する人におすすめです。

[DMM mobileの詳細と評判

公式サイトに移動する→【DMM mobile】

5.IIJmio

IIJmio 3GBプラン

プラン名月額料金
ミニマムスタートプラン 3GB(データ専用)900
ミニマムスタートプラン 3GB(音声通話対応)1600

格安SIMの中でもっとも信頼度が高いのがIIJmioです。サービス開始から、ずっと高い回線品質を維持しています。MVNOで普及しているサービスは、IIJmioがはじめたものが多く、業界のパイオニアともいえます。実はIIJmioの回線は、DMM mobieが利用していてそちらの方がプラン数が豊富で、料金も安いのでおすすめ度は下がります。

公式サイトに移動する→【IIJmio】

6.Nifmo

Nifmo 3GBプラン

プラン名月額料金
データ専用 3GBプラン900円
音声通話対応 3GBプラン1600円

Nifmoは速度も充分速く安定していますが、特に目立つところがありません。以前は、機種との一括購入でキャッシュバックを行っていましたが、最近は減ってきています。

公式サイトに移動する→【Nifmo】

7.BIGLOBE SIM

BIGLOBEの3GB格安SIM

プラン名月額料金
エントリープラン 3GB(データSIM)900円
エントリープラン 3GB(音声通話SIM)1600円

BIGLOBEは、通話パック60があるので、月に30分以上音声通話をする人の選択肢になります。ただし、速度が安定しないことがあるので、5分かけ放題オプションがある楽天モバイルを選択した方がいいです。

公式サイトに移動する→【BIGLOBE SIM】

8.b-mobile

b-mobile 3GBプラン

プラン名1GB2GB3GB4GB5GB
b-mobile おかわりSIM
5段階定額(データ専用)
500円750円1000円1250円1500円
おかわりSIM 5段階定額
音声付
1300円1550円1800円2050円2300円

b-mobileの3GBプランは、おかわりSIMという変動制です。使ってデータ通信量によって料金が変動しますが少し高めなのがネックです。また、速度が不安なのでよく考える必要があります。

公式サイトに移動する→【b-mobile】

9.OCN モバイル ONE

OCM モバイルONE

プラン名月額料金
データ通信専用SIM 3GBコース1100円
音声対応SIM 3GBコース1800円

格安SIMの大手のOCN モバイル ONEですが、特に目立つ特徴はありません。通信速度も速いわけではないので、あまりおすすめできません。

公式サイトに移動する→【OCN モバイル ONE】

格安SIMをデータ容量別のおすすめランキングから選ぶ

内容が役に立てばシェアしてくれると嬉しいです。

やさしい格安スマホとSIMの最新情報を更新しています。